沼垂ビールが目指すもの

活きたビール酵母が
クラフトビールのありのままの味わいと芳醇な風味を醸し出す。
沼垂のマイクロブルワリーの手仕事。

沼垂とは

「沼垂(ぬったり)」は、奈良時代の歴史書「日本書記」の中で「渟足の柵(ぬたりのき)」(大和朝廷の砦のようなもの、西暦647年)として出てくる、古くからの地名です。

江戸時代はじめ、沼垂町は日本一長い信濃川と阿賀野川が河口で一緒になるあたりに位置する港町でした。しかし、洪水や浸水などで町が水没し、4回も町ごと引っ越し、1648年に今の場所に定住しました。さらに新潟町と争って北前船を受け入れる権限を失ってしまうという歴史があります。

 明治30年代から昭和の初め、北越鉄道(今の信越線)が開通し、その終着駅として「沼垂駅」が開業し、港湾施設や重工業の工場ができたことから、町の人口が増えました。沼垂には、川船を使って生活物資が集まり、交易の場所として繁栄し、酒や味噌、醤油の醸造所が沢山できました。

そんな歴史を経て、今沼垂は、昭和のレトロな雰囲気が残る、どこか懐かしさを感じる町。小路があって、緑豊かで多くの猫がいる町。煙突から出る白い蒸気、廃線と古い町並みが不思議とマッチする町。毎年8月、各町内から大きな灯籠を繰り出し、「沼垂木遣」を唱って、「沼垂まつり」に熱く燃える町。そして、新しいにぎわいスポット、オシャレなお店が並び、イベントでにぎわう町になりました。

そんないろんな発見ができる、「沼垂まちあるき」に是非お越しください。お待ちしております。(「沼垂まちあるきMAP」より)

1955年(昭和30年)頃の栗の木川の風景。現在の栗の木バイパス、栗の木橋交差点付近。橋の向こうに、今代司酒造の煙突が見える。当時は、ここで船遊びをしたり、橋から川に飛び込んで泳いだり。近郊の亀田郷から小舟で物資を運搬していた。沼垂の人たちの生活と物流の川でした。

2017年6月 地域まつり~なじらね沼垂フェスタ~

地元の小学生、中学生からアマチュアバンド、そしてプログループ[マンダム」も揃って出演。ローカル、スローな雰囲気が沼垂の真骨頂。会場の沼垂テラス(旧沼垂青果卸市場)周辺はお寺がならび、かつては沼垂朝市でにぎわい、生活スクランブルでした。

2017年8月 新潟まつり~住吉祭御輿の水上渡御を見送る沼垂木遣り〜

新潟まつりのひとつ、住吉祭の御輿が信濃川を東(沼垂側)から西(新潟側)へ渡御して港の安全を祈ります。それに伴走する大漁旗の漁船。そして、それを見送る、沼垂木遣の浪々たる唱いとお囃子の太鼓と笛の音。

 毎年、8月15日、16日に開催される「沼垂まつり」は、沼垂白山神社が行っていた「白山まつり」を昭和40年代後期に継承し、発展してきました。16日夜は沼垂四つ角で各町内の灯籠が激しくぶつかり合う 「喧嘩灯籠」が始まります。祭りの期間中、町のあちこちで「沼垂木遣」の唄い回しが独特の笛太鼓の音に あわせて演じられます。今年も沼垂の夏が熱く盛り上がるに違いありません。

目指すもの

発酵の町、沼垂で造る

 新潟市中央区沼垂(ぬったり)は、上越新幹線のターミナル、日本海に面する新潟駅から徒歩1㎞。その歴史をひもとくと、独自の歴史・文化の交流拠点としての役割を担ってきました。江戸時代は、阿賀野川の後背地、蒲原平野からの米の集積地であったことから、明治以降は日本酒醸造元が8軒、味噌・醤油・漬け物等の醸造先が約30軒あり、まさに「発酵の町」として栄えてきました。

 私たちは、この「発酵の町 沼垂」というブランドをアピールするために、沼垂ならではの小規模クラフトビールを立ち上げました。私たちは、「沼垂ビール」を地域限定ブランドとして、多くの観光客が当地を訪ねて、飲食店・酒店などで「活きた酵母が入った、芳醇なクラフトビール」を楽しめる「場」を作ることをポリシーとします。このクラフトビールの高いクォリティーを味わってもらい、沼垂の町に大きな力がよみがえってくることを目指します。

小規模ブルワリーの可能性

まちなかのマイクロブルワリー。小ロット生産、手づくりだからこそ、地域を大切にしたいと願う人達と一緒に、彼らの願いをカタチにするクラフトビール醸造です。 ビール造りを通じて、新潟らしい「食」の豊かさを追求いたします。