商品のご紹介

Pocket

ボトリング

ドラフト・クラフトビール

各地の食材とのコラボ

ボトリング商品

新潟は、日本酒、ワイン、ビール醸造が盛んなところ。
そんな街にふさわしいクラフトビール、ふんだんに使ったビールモルトの芳醇な味わいが特徴です。
いずれも、日本海に面した新潟をモチーフにしたラベルデザイン。ぜひともご愛飲ください。

荒波IPA

荒波IPA

今までのIPAのホップの量を倍以上に増やし、ビター/アロマホップのミラクルな香りと苦みが本格的なブリッティシュエール酵母の味わいとともに口の中で拡がります。
・330ml アルコール度5%

天の川ペールエール

天の川ペールエール

ポップのフルーティな香り、スパイス、さらに苦味と、バランスよく味わえます。ベースモルトのコクがポップの苦味を包み、深い味わいです。
・330ml アルコール度5%

ドラフト・クラフトビール(タル生)

 最高のビール造りの秘訣、常に新鮮な酵母を使用しています。酵母が持つ発酵作用のポテンシャルを最大限引き出すことで、阿賀野川水系の水とヨーロッパ直輸入のモルト、そしてホップ、それぞれが持った香り、成分との融合で、独特の味わい深いクラフトビールが完成します。クリーンな環境で、無加熱・無ろ過の醸造工程により、活きた酵母が瓶内に残していることで、独特の芳醇さ、深い味わいをグラスに注がれたクラフトビールから実感することが出来ます。

最高のビール造りの秘訣、常に新鮮な酵母を使用しています。
酵母が持つ発酵作用のポテンシャルを最大限引き出すことで、阿賀野川水系の水とヨーロッパ直輸入のモルト、
そしてホップ、それぞれが持った香り、成分との融合で、独特の味わい深いクラフトビールが完成します。
クリーンな環境で、無加熱・無ろ過の醸造工程により、活きた酵母が瓶内に残していることで、独特の芳醇さ、
深い味わいをグラスに注がれたクラフトビールから実感することが出来ます。

沼垂ビールでは、ベースとなる数種類のスタイルのほか、季節に応じた限定スタイルを随時、醸造、提供いたします。

コシヒカリ・ヴァイツェン

コシヒカリ・ヴァイツェン

Koshihikari-Weizen

詳しくはこちら

ドイツのクラフトビールの定番のひとつ「ヴァイツェン」の小麦麦芽の割合を下げて、県内産コシヒカリを加えたことで、今まで以上に、口あたりが柔らかく、さらに柑橘系の香り、ヴァイツェン酵母とホップの組み合わせで生まれるフルーティな味わい、新潟らしい洗練された風味が特徴。

水辺のビターエール

水辺のビターエール

Riverside-Bitter Ale

詳しくはこちら

ブリティッシュエールのクラシックなスタイルのひとつ、ロンドンのパブの定番のエール。ペールエールよりやや軽めで、一日の仕事のつかれを癒やし、軽くのどを潤すために作られたクラフトビールとか。イングランド産ブリティッシュエール酵母の力で、同じくイングランド産のMaris Otterのベースモルトとカラメルモルトがビールの深みと甘さを産み出し、同じくイングランド産ホップのイーストケントゴールディングとの絶妙なバランスで、軽さと深み、スッキリとした飲み心地。

天の川ペールエール

天の川ペールエール

Milky Way-Pale Ale

詳しくはこちら

4種類のポップが、喉越しにフルーティな味わい、スパイス、さらに深い苦味と、バランスよく、味わえます。また、クラフトビールの醸造工程で、ビール大麦麦芽に含まれるデンプン、たんぱく質を均質に糖分に転換。ビールの発酵工程でベストな麦汁となり、コクを感じる仕上がり、芳醇な香りを実現しました。ポップの苦味を、このコクが包みこんだ独特の味わい。

月待ちスコッティシュエール

月待ちスコッティシュエール

Waiting for the Moon-Scottish Ale

詳しくはこちら

スコットランドで産まれたスコッティシュエールイースト酵母とイングランド産ベースモルトとホップをふんだんに使った、スコットランド由来のエールビール。スコットランドは、英国イングランドと対峙し、スコッチウィスキーを産み出し、独特の文化、歴史を歩んできたところ。ビール醸造でも、ペールエールと違った、独特の深い味わい。

信州の恵みライ麦ビア

信州の恵みライ麦ビア

Sinsyu-Roggen bier

詳しくはこちら

長野県松本市で無農薬で栽培された国産ライ麦とドイツ産のビール大麦麦芽と同じくドイツ産の3種類ホップを使った正統派ドイツクラフトビール。ライ麦特有の苦みと、大地の恵みを感じさせる素朴なホップの組み合わせが特徴。

荒波IPA

荒波IPA

Raging Wave IPA

詳しくはこちら

IPAはIndia Pale Ale(インディアペールエール)の略.。今までのIPAのホップの量を倍以上に増やし、4種類のミラクルなホップの香りと苦み、ベースとなる本格的なブリテッシュエールの酵母の味わい。日本海の荒波のような、力強く、そして激しく、苦みがベースモルトの深いコクが包み込み、口の中で衝撃となって拡がります。

日本海の夕日スタウト

日本海の夕日スタウト

Japan Sea Sunset-Stout

詳しくはこちら

ブラウンのクリーミーな泡、ドイツ産ロースト大麦が創り出す、漆黒、ぬばたまの深い味わい。口あたりの柔らかさと独特の苦味がマッチ。おとなのクラフトビールのひとつ

天空の高根 蕎麦の実エール

天空の高根 蕎麦の実エール

Buckwheat field in the sky of Takane Ale

詳しくはこちら

新潟県と山形県の県境近く、村上市高根の高原で育てた蕎麦を焙煎したものを、ドイツ産ベースモルト、イングランド産クリスタルモルトに加えたことで、モルトのおだやかな味わいと高根の蕎麦の香りが一緒になった、和のテイストのクラフトビールに仕上がりました。のみやすい口あたり、エールイーストが創り出すキリッとしたり口あたりが特徴。

飲めるお店・買えるお店

ケータリングサービス

地域の食材とのコラボ ~佐渡番茶エール誕生

発酵のまち・沼垂のブルワリー

新潟市の沼垂エリアは、江戸時代は新発田藩(現在の新発田市)が治めており、新発田のゆたかな穀倉地帯から新潟・沼垂湊に米が運ばれていました。そして時代も明治に変わり人口増加ととともに、味噌や醤油、酒づくりが盛んに行われました。そんな発酵のまちに、「まちなかのマイクロブルワリー」がオープンしました。2016年、沼垂ビールの誕生です。

お茶フェスとのコラボが誕生のきっかけ

2019年11月開催の「第3回新潟お茶フェスティバル」に向けて、お茶フェス実行委員会では「目玉となるお茶系のアルコール」を模索していました。ちょうど委員会メンバーの勤務先が沼垂ビールと取引があり、打診してもらうと「いいですよ!」と即答。委員会としては、感謝しきれないほどありがたく、うれしいことでした。

佐渡番茶の香りとすっきりとした口当たり

打ち合わせの中で「番茶の方がビールに合う」とアドバイスをいただき、委員会サイドは佐渡番茶を提案しました。まったくのゼロからの開発で、ホップや麦芽の選定、佐渡番茶の抽出方法など試行錯誤をされたことでしょう。そのご苦労から生まれたおいしさは、お茶フェスで証明されました。2日分が1日で完売し、急きょ補充するまでになったのです!

そして、いまや大人気商品に

今年に入り、沼垂ビールでは本格的に商品化。瓶詰めの『佐渡番茶エール』は発売と同時に完売となり、沼垂ビールさんも「まさか、これほどまでは」と驚きをかくせません。ラベルにもこだわりました。沼垂ビールさんが佐渡と沼垂に思いをはせた文章が入り、どうしても使いたかったという金色が輝いています。

ビールで佐渡番茶の復興を応援

佐渡番茶は、江戸時代にも生産が確認されているほど歴史のあるお茶です。ふつうは八十八夜に一番茶を摘みますが、佐渡では米作との兼業がほとんどで、その時期は田植えで忙しい。ひと段落してから葉の付いた茎を収穫して番茶にします。そのため、通常の番茶と比べて甘みと香りが強いといわれています。

沼垂と佐渡をつなぐふたりの善松さん

江戸時代後期、沼垂に橋本善松という人物がいました。熱心な仏教の信者が佐渡の寺院でも参拝できるように、荒れる日本海で、船止めで佐渡に行けない信者のための無料宿泊所を設けるなどの整備に尽力しました。沼垂ビール代表社長の高野さんも名前が善松さん。150年もの時を超えて、ふたりの善松さんが沼垂と佐渡の結びつきに関係していました。

 なお、佐渡番茶の栽培・維持管理を手がけている、現地の自立支援NPO法人「チャレンジド立野」様の取り組みは、次のサイトをご覧ください。

https://www.ochafes.com/challengetateno2104/

出典「お茶フェス 新潟お茶フェス実行委員会様 サイト」

ボトリング商品

新潟は、日本酒、ワイン、ビール醸造が盛んなところ。
そんな街にふさわしいクラフトビール、ふんだんに使ったビールモルトの芳醇な味わいが特徴です。
いずれも、日本海に面した新潟をモチーフにしたラベルデザイン。ぜひともご愛飲ください。

ポップのフルーティな香り、スパイス、さらに苦味と、バランスよく味わえます。ベースモルトのコクがポップの苦味を包み、深い味わいです。ラベルは、夜の信濃川と星空をあしらったもの。

アルコール度5% IBU(苦味):38.6  内容量 330㎖  要冷蔵

4種類のビター/アロマホップのミラクルな香りと深い苦みが日本海の荒波のように、力強く、そして激しく。ベースモルトの深いコクとともに口の中で衝撃となって拡がります。

アルコール度5% IBU(苦味):60.7  内容量 330㎖  要冷蔵

古き良き時代の情緒あふれる町、新潟を懐かしむ。そんなシーンをモチーフに作ったOld Aleスタイルエール。北欧ノルウェー由来の酵母が生み出す奥深い香りとホップの重厚な苦み。ベースモルトにロースト麦芽を加えたことで柔らかな口当たりと濃い色。地元の日本画家、金子孝信の美人画は地元の蒲原神社の神官の子息としてうまれ夭折した画家金子孝信による「せいこ像」

アルコール度 6.0% IBU(苦味):18.7  内容量 330㎖  要冷蔵

アメリカンHopのSABRO(サブロ)はトロピカルで、レモン、ライチの香りが複雑に溶け合うティスト。このSABROをシングルホップで使ったHazy IPAです。恋すてふ(こいすちょう)とは、ひよっとして恋かしら、これが恋ねという淡い気持ちの言葉。そんな大人の爽やかな、ほのかな恋心にぴったり。地元の日本画家、金子孝信の美人画もすてきです。 

アルコール度6% IBU(苦味) 17.6 内容量330㎖ 要冷蔵

新潟市で栽培される高級洋梨ル・レクチェを贅沢に使い、ベルギー産ビール麦芽をベースにした本格的なフルーツ・ベルギービールの6本セットです。天然のル・レクチェの香りと甘さが、モルトの芳醇な口あたりの中に溶け込みます。ビール原料に使うルレクチェは、新潟市内の生産農家から直接仕入、自社内で加工、通年醸造を可能としたフルーツビールです。アグリとクラフトビールの新潟を強くアピールします。

 アルコール度5% IBU(苦味)28.6 内容量330㎖ 要冷蔵

焙煎の香りがしっかりとした佐渡番茶を使い、番茶の香りをクラフトビールの中に溶け込ませた「佐渡番茶エール」の6本セットです。「佐渡番茶エール」は佐渡の自然と風土、独自の文化をアピール

※佐渡番茶は、通常の番茶(ほうじ茶Z)と異なり、お茶の木の枝だけでなく、本来、緑茶に使う茶葉までも加えて、まるごと焙煎したもので、そのしっかりとした香りが特徴です。

 アルコール度5℃  IBU(苦味)13.7 内容量 330㎖ 要冷蔵

沼垂テラス商店街様とのコラボ企画。五泉市の泉ファーム様が栽培されたアロニアを使ったビール。アロニア(ブラックチョークベリー「choke berry」)はブルーベリーにそっくりなフルーツ.アロニアに含まれるポリフェノールはブルーベリーの約4倍.豊富な食物繊維が含まれダイエット効果も。柔らかなピルスナー麦芽、ドイツ産の落ち着いた味わいのホップとの香りとの組み合わせをお楽しみください。

アルコール度: 5.0℃ IBU(苦味):6.9 内容量330㎖ 要冷蔵

高知県越知町で栽培された文旦を、現地で長期間貯蔵することで、酸味、苦味を落ち着かせて出来上がったもの、当ブルワリー内で直接加工、ピルスナー麦芽を主体に、ライトなエール酵母で発酵させ、飲みやすいアメリカンウィートエールに仕上げました。文旦の香りと苦みがマッチ。

アルコール度:5.0℃ IBU(苦味):13.7 内容量 330㎖ 要冷蔵